2020年01月20日

♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】



足摺岬に行ったら、絶対見たかったもの・・・

白山洞門


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】


ハート型にも見える、日本最大の花崗岩海蝕洞門

海蝕洞(かいしょくどう)とは、

波浪による侵食で形成された洞窟。

岩を貫通し、トンネル状になるのが海蝕洞門です。

岩を削るほどの波。

打ち付ける波音の轟音、風。

大声で話しても、かき消されるほどです。

壮大・・・雄大・・・豪壮・・・

どれが一番ピッタリくるかな・・・

人間なんてとてもちっぽけ。

↓これくらいちっぽけ。


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】


(※特別出演:夫※)

自然の前では無力。

波打ち際。

海抜0メートル。

あれっ!?

ほんの少し前、高台から↓こんな絶景見てたような・・・


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】


モチのロンで、38番札所 金剛福寺に参拝した後の、

足摺岬(展望台)から足摺岬灯台、そして白山洞門。


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】


この間、全部徒歩。

絶景(高台)からの波打ち際。

つまり・・・↓こんな階段や坂ばかりびっくり


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】


とんでもない急勾配。

山登り!?

真冬の大晦日に、汗かいちゃった汗

でも一見の価値ありですにっこり


♡♡♡の洞門【いろは旅行記 巻六-⑬】





2019年12月31日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻六 に関しましては、

↓タグ「2019年末旅行(旅行記 巻六)」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼









同じカテゴリー(高知県)の記事画像
高知の左下は見事な絶景【いろは旅行記 巻六-⑫】
旅行の朝はバイキング(2泊目)【いろは旅行記 巻六-⑪】
四万十の清流で育った○○【いろは旅行記 巻六-⑩】
オジサンがオジサンを食す【いろは旅行記 巻六-⑨】
旅行の朝はバイキング(1泊目)【いろは旅行記 巻六-⑧】
日本三大○○名所【いろは旅行記 巻六-⑦】
同じカテゴリー(高知県)の記事
 高知の左下は見事な絶景【いろは旅行記 巻六-⑫】 (2020-01-19 12:47)
 旅行の朝はバイキング(2泊目)【いろは旅行記 巻六-⑪】 (2020-01-18 12:39)
 四万十の清流で育った○○【いろは旅行記 巻六-⑩】 (2020-01-17 12:09)
 オジサンがオジサンを食す【いろは旅行記 巻六-⑨】 (2020-01-16 20:14)
 旅行の朝はバイキング(1泊目)【いろは旅行記 巻六-⑧】 (2020-01-16 12:16)
 日本三大○○名所【いろは旅行記 巻六-⑦】 (2020-01-15 12:16)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。