2020年03月10日

移転NEW OPEN★【 泉屋うなぎ店 】さんでうなぎディナー【刈谷市】



泉屋うなぎ店 さんで、ディナーを頂きました。

2019年6月末、移転NEW OPENしたお店です。

以前の店舗は、今のお店より150メートルほど先の、

国道1号線沿いにありました。

うなぎ屋さんは、いつも行くお店が大好き過ぎて、

なかなか新しいお店に行ってみよう!と

思えなかったのですが、

泉屋さん・・・大好きなお店がまた一つ増えちゃいましたにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


そしてこちらのお店が、ブーログ的2020年抱負、

自分的初のお店に、月に一度はお伺いする

3月のお店、5店舗目になります。



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


頂いたのは、コチラ↓

うな重 2500円




おしながきを見て、まず思ったことは、

「えっ!?目 安っ!びっくり

うなぎ丼 1500円~、特上でも2500円。

まぶしが2500円だなんて、

うなぎが高騰する随分前の頃の記憶です。




比較的即決で、うな重を選んで、+100円でお吸物付きに。

カウンターで待つこと15分強・・・

大将がカウンター奥の焼き場でうなぎを焼き、

女将さんが合わせるように、ごはんや吸い物の準備。

空腹の中、うなぎの焼ける匂いに包まれながら待つ15分は、

天国のような地獄のような(笑)

美味しいうなぎが待ってることを思えば、天国かなにこにこ

「は~い、お待たせしましたにっこり」と

女将さんが持ってきて下さった時には、

心の中では、拍手喝采でした"(ノ*>∀<)ノ♡キャー

蓋を開けると・・・

(*´▽`*)わぁ♬*゜

うなぎがまるっと1尾分。

しかもかなり大振り目がハート

うなぎは、人それぞれ好みが千差万別だと思いますが、

これは私は好きなうなぎです。

皮目はパリッと、身厚なうなぎはふっくらとハート

甘過ぎないタレの量もちょうどよく、

ごはんもくど過ぎず頂けます。




お吸物は肝入り。

↓夫オーダーの、まぶし 2500円。

刻み海苔は、最初から振りかけられていました。




お茶漬け用のお出汁が、かなり薄味だったそうで、

そこを除けば、美味しいまぶしだったそうです。

うなぎの焼き方は、夫の好みの焼き方だそうなので、

次回はうなぎ丼食べよう!と、言ってました。

おしぼりは、なし(BOXティッシュ有)

とても気さくな女将さんと大将で、

食べ終わった後も、楽しくおしゃべりに花が咲きました。

以前のお店では、仕出しや宴会を主にしていたそうですが、

移転を機に、お店の規模をかなり縮小して、

大きい宴会はしなくなったそうです。

今はほぼ、うなぎ1本でやってる、と仰ってました。

お二人で切り盛りされていて、ごはんがなくなったら終了。

↓お店の外観です。

夜はとても素敵なライティングです。

(↓左上)女将さんのお父様の代の時の看板だそう。




ごちそうさまでしたキラン








  


Posted by いろは at 20:44Comments(0)ディナー(愛知県)♡♡♡

2020年03月10日

キャプテン・いろはのクルーズ旅【いろは旅行記 巻七-⑧】



小樽で海鮮丼かお寿司食べよ!と、

朝ごはんに海鮮丼を頂き、お腹いっぱい!笑える

小樽でのやりたいことはもう済んだけど、

せっかく小樽まで来たんだし、

ちょっと散策しよっ!と、小樽運河の方に行きますと、

・・・ん?運河クルーズ?

船に乗れるの?

真冬に?

寒くないの?

色々頭の中を駆け巡りましたが、これもチャンス!にっこり

小樽運河クルーズ で、楽しんできました。




そう、2月2日のなう記事は、こちら小樽の運河クルーズからでした。

大人一人 1500円

約40分のクルーズで、

キャプテン(クルーズ船の運転士さん)がずっと

小樽運河の歴史等を説明してくれました。




小樽運河のこと、存在は知っていても、

詳細は全然知らなかったのですが・・・

とても分かりやすい説明でしたにっこり

運河から一旦海に出て、運河に戻ってきて、

運河は、人工的に作ったものなので、行き止まりがあり、

北の行き止まりまで行って、Uターンして南に戻る、

というルートです。




渋沢倉庫は、あの渋沢栄一さんの会社だそう。

ここ小樽でも、いくつも会社を経営していたそうです。

さて、運河クルーズですが・・・

(↑上)の船を使ってのクルーズです。

屋根はありますので、雪や雨には大丈夫ですが、

横の部分は360度、覆うものがないので、

風があると、寒いかもしれません。

座席がシートヒーターで、お尻がめちゃめちゃぽかぽかですハートウィンク

乗船前の時間を含め1時間ほど、時間に余裕があるなら、

運河クルーズ、ぜひオススメですグッド



2020年2月2日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻七 に関しましては、

↓タグ「2020お誕生日旅行(旅行記 巻七)」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼










  


Posted by いろは at 12:38Comments(0)♡♡♡いろは旅行記北海道