2019年05月19日

壮麗な鶴ヶ城にて【いろは旅行記 巻参-㉘】



会津若松城(鶴ヶ城)です。


壮麗な鶴ヶ城にて【いろは旅行記 巻参-㉘】


真っ白な、綺麗で雄大なお城でした。

白いといえば、兵庫県の姫路城が、別名白鷺城として

有名ですが、以前姫路城に伺った時は、

ちょうど「平成の大修理」中でした汗

↓鶴ヶ城 いろんな角度から。


壮麗な鶴ヶ城にて【いろは旅行記 巻参-㉘】


どこから見ても圧倒されそうなほどの壮大さ。

どのお城もそうですが、

鶴ヶ城には特別有名な悲劇もあり、

時代に翻弄された場所なのだと思うと、

胸に詰まるものがあります。

↓天守より眺めです。

(↓上)磐梯山です。


壮麗な鶴ヶ城にて【いろは旅行記 巻参-㉘】


(↑右下)奥に見えます雪山は、飯豊連峰です。

周囲をぐるっと山に囲まれた盆地であることが、

一目瞭然の眺めでした。

↓NHKの大河ドラマでも有名になった、新島八重さん。


壮麗な鶴ヶ城にて【いろは旅行記 巻参-㉘】


会津生まれの彼女は、戊辰戦争の際も、

この鶴ヶ城に立て篭り、銃を持ち戦ったそうです。

明治元年(1868)9月22日、会津は降伏の旗をあげます。

その前夜、三の丸の白壁にかんざしで刻み込まれた句。

明日の夜は 何国の誰か ながむらん
なれし御城に 残す月影


明日の夜からは
(会津藩の人ではない)どこの国の誰が眺めるのでしょう
慣れ親しんだこのお城に残していく月影を


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


小学生の時に、

風間杜夫さんが松平容保を演じた「白虎隊」という

年末のドラマを見て以来、

いつか行きたいなぁと思っていたお城でした。

福島県会津若松市、近いようで遠く、

30年強の月日を経て、ようやく訪れることが出来ました。

ほんの150年前に起きた悲劇、壮絶な戦い。

10年前、何をしてましたか?

私は、小中学生の娘たちの子育て真っ只中でした。

長女の反抗期に手を焼いてました。

あれからもう10年、あっという間でした。

そのあっという間が、15回繰り返されただけの昔。

遠い過去の話ではありません。

心に刻み付けたいと思います。



2019年5月4日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼










同じカテゴリー(福島県)の記事画像
千家を救った茶室で侘び寂びに触れる【いろは旅行記 巻参-㉙】
ほろ酔い気分で助手席なう【いろは旅行記 巻参-号外】
滝の音とともにおやすみなさい【いろは旅行記 巻参-号外】
同じカテゴリー(福島県)の記事
 千家を救った茶室で侘び寂びに触れる【いろは旅行記 巻参-㉙】 (2019-05-19 15:24)
 ほろ酔い気分で助手席なう【いろは旅行記 巻参-号外】 (2019-05-04 21:30)
 滝の音とともにおやすみなさい【いろは旅行記 巻参-号外】 (2019-05-03 22:12)

この記事へのコメント
もし、再び福島へ
いろは旅行をするのなら

行きは下道と高速で帰りは宮城仙台からフェリーで名古屋へのコースはどうかな?

長野県諏訪→麦草峠→佐久市の五稜郭跡(城壁の輪郭が見れる)マニアしか知らない場所かも?→
R254→下仁田→高速→大内宿観光→福島観光→東北観光→仙台からフェリーってのは?
フェリーはオフシーズンだとキャンペーンあって
安くなるよ。
このコースだと旅費と時間が!ですね(^o^;)
Posted by ハヤテハヤテ at 2019年05月19日 13:28
※ハヤテさん※

ハヤテさん、こんにちは(*^^*)
コメントありがとうございます♪

仙台からフェリーですか!いいですねぇ( *´艸`)
以前、北海道に行った時、行きは新幹線、帰りは飛行機、というルートを
取ったのですが(道内ではレンタカー)、次回の北海道ではフェリーで愛車ごと
っていうものいいなぁって思ってたんです。
仙台~名古屋間のフェリーの旅もいいですよねぇ。
ただ、本当、時間が・・・ですね(笑)
フェリーを移動手段としてではなく、旅の一部として考えないと、ですね。
オフシーズンに長期休みが取れないサラリーマンの辛いところです(っω<`。)
Posted by いろはいろは at 2019年05月19日 15:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。