2019年01月09日

晋作大好き晋作餅&東行庵【いろは旅行記 巻壱-⑯】



下関市のどこかのお土産センターにて購入。

晋作餅


晋作大好き晋作餅&東行庵【いろは旅行記 巻壱-⑯】


もちろん、山口県の英雄の一人、

高杉晋作さんに因んだ命名だと思います。

どういう由来で、このおまんじゅうに「晋作餅」という

名前がつけられることになったんでしょう?

夫は、歴史上の偉人で好きな人物は?と問われると、

必ず「高杉晋作」と答えます。

彼に何やらロマンを感じるようです。

日本史全般的に詳しいですが、

幕末の長州の歩みや薩摩の動き、

新撰組や水戸藩の行動、そして幕府の決断、等々

感心を通り越すほど詳しいです。

「試験が日本史だけだったら、京大行けた(笑)」

と、時々ネタのように言いますが、

あながち嘘でもないのかも知れません。

いつも「はいはい」って流してますが(笑)

左のお餅に紫蘇を巻いたものが右です。

こしあんの入ったお餅で、

お餅だけでも美味しいのですが、

紫蘇で巻いてる方が、絶妙なバランスで美味しい!目がハート

桜餅みたいな風味です。

大晦日の酒盛りのおつまみに頂きました。

もっと買えば良かった・・・

ごちそうさまでしたキラン


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


この日(2018年大晦日)、

高杉晋作さんのお墓がある東行庵にも訪れました。


晋作大好き晋作餅&東行庵【いろは旅行記 巻壱-⑯】


瓦そばの後向かったので、すっかり夕暮れでしたし、

大晦日なので、何もかもが(記念館も売店も)閉まってましたが・・・汗

そういえば、以前、萩に旅行に行った際、

高杉晋作生家を訪れた際も、年末年始でお休みでした。

萩のあの通りにあるお寺のご住職さんの・・・

萩自慢が忘れられません(笑)

1時間ほど萩自慢を聞いていました。

今でも思い出しては、夫との話題に上るご住職さんです。

晋作大好き晋作餅&東行庵【いろは旅行記 巻壱-⑯】


夫が今回の旅行で、どうしても行きたかった所です。

訪れることが出来て、良かったです。

また山口の方には旅することがあるでしょうから、

今度は開館中に行きましょう。



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻壱 に関しましては、

↓タグ「2018年末旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼









同じカテゴリー(山口県)の記事画像
防府の新名物【いろは旅行記 巻壱-⑱】
旅行の朝はバイキング(4泊目)【いろは旅行記 巻壱-⑰】
本場で元祖 下関で2018年〆食事【いろは旅行記 巻壱-⑮】
同じカテゴリー(山口県)の記事
 防府の新名物【いろは旅行記 巻壱-⑱】 (2019-01-09 19:41)
 旅行の朝はバイキング(4泊目)【いろは旅行記 巻壱-⑰】 (2019-01-09 12:35)
 本場で元祖 下関で2018年〆食事【いろは旅行記 巻壱-⑮】 (2019-01-08 20:33)

この記事へのコメント
いろはさん、こんにちは。
山口旅行、満喫されましたね!!
山口なら、あの神社には参拝されましたか?
元乃隅稲成神社さん。
以前から伺いたかったのですが、なかなか行けず
今や世界的に大人気になってしまいましたが…(>_<)

さておき、このお饅頭は食べたことがないなぁ。
いつもは外郎か求肥の和菓子を買っちゃう。
次回は購入してみようと思います。
いい情報をありがとうございます(´∀`*)ウフフ

私事ですが、私も歴史好き!!私も薄~い知識しかありませんが歴史好きです。
神社、お城、遺跡、大好物でテンションあがります(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
次回は開館されている時に是非!!ですね。
Posted by みきさんみきさん at 2019年01月09日 11:59
※みきさん※

みきさん、こんにちは(*^^*)
コメントありがとうございます♪

元乃隅稲成神社、長門市ですね~
今回は、瀬戸内海側の下関市と山口市に特化して回ったので、
日本海側は行けてないんですよ~(っω<`。)
また萩市に絶対行くと思うので(笑)、
その時寄ります~( *´艸`)

晋作餅、ぜひぜひ!美味しかったです~(*´-`*)
「晋作餅」で検索すると、東行庵が出てくるので、
そこの名物菓子なのかもしれません。

みきさんも歴史好きなんですね!しかも神社とかお城とか!
私の方が、薄~~~い知識なのは、自信ありますよ?(笑)
夫にいくら教えてもらっても、頭に入りませんから( ゚∀゚)・∵ブハッ!!
みきさんが訪れたところとか、また教えてください~!
御朱印はされてないんですか?
Posted by いろはいろは at 2019年01月09日 13:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。