2019年05月14日

諦めかけたきりたんぽ【いろは旅行記 巻参-㉑】



鳥海山~秋田市内~男鹿半島ぐるっと一周で、

令和元年初日は、男鹿半島に宿を取りました。

必然的に夕食も男鹿半島内。

しかし、見当たらない・・・食べ物屋さん汗

移動しながら、翌日の予定を話し合い、

ギリギリまで決まらなかった・・・岩手県に行くか否か。

結果・・・「行っちゃお笑える」に決まり、

翌日は朝一から岩手県入り予定。

ということは、秋田県での食事は、この夜が最後。

だというのに、ない・・・食事処がーん

あっても、閉まってるおっとー

秋田県・・・きりたんぽ食べたかったなぁ・・・号泣

なんて、半ば諦めてた時に、道中に発見!笑える

酒楽亭うみひこ さん。

混んでましたが、なんとか席を確保して頂きまして、

無事私だけかんぱ~~~い!日本酒




熱燗とお通し。

そして念願の本場秋田でのきりたんぽ鍋(↓上)。




(↑下)初めて聞く、だまこ鍋(秋田名物らしいです)。

こういう鍋物って、オーダーは二人前~というところが

多いですが、こちらは一人前でもオーダー可能でしたので、

きりたんぽ鍋とだまこ鍋、一人前ずつ食べ比べてみることににっこり

どちらの鍋も、一人前 980円。

出汁や野菜の具などはほぼ同じ。

違いは、メインがきりたんぽかだまこか。

この二つの違いは・・・

厳密に言うと、細かいところは色々違うらしいのですか、

大まかに言うと、半づきにしたうるち米を・・・

棒状のちくわ風に→きりたんぽ
真ん丸のボールに→だまこもち


頂いた感想・・・「きりたんぽを丸めたらだまこになるねグッド

ほぼ同じでした(笑)

どちらも美味しいお出汁の鍋で、

もちもちっとした食感で美味しかったです音符

(↓上)桃豚ホルモン炒め 670円

(↓真ん中)いぶりがっこ&チーズ 400円

いぶりがっことクリームチーズ、すごく合います。

相性抜群!お家でも出来そうです。

とか言いつつ、いぶりがっこを買い忘れました。

(「いぶりがっこ」という文字を見たら、えるちゃんを思い出します。
いぶりがっこタルタル、美味しいんだろうなぁ(笑))




(↑下)鯛釜飯

なんと半額セール中で、650円→325円!

安っ!びっくり

元値の650円でも安いのに、半額って・・・

メニュー表の650円を見て、

半額になってこのお値段かな?と思ってました。

↓日本海のみくらべセット グラス2杯 620円




冷やで1杯ずつ、呑み比べが出来ます。

吟味良香「鳥海山」純米吟醸生酒 日本酒度+2(中辛)
伝口切辛「鳥海山」純米酒 日本酒度+15(超辛口)

本当は熱燗が好きなんです。

冷やは・・・水替わりに呑んじゃうので、

自分の中で、味わって呑んだ記憶が薄くなるんです。

案の定、味の詳細は忘れました。

美味しく頂いたことは覚えてます(笑)

↓〆はやっぱり、秋田の稲庭うどん!

稲庭ざるうどん 570円




人生初、稲庭うどんです。

名前を耳にすることはあっても、

なかなか頂く機会がなく・・・

麺が平べったい!

うどんの太さのまま、厚みをを薄くした感じ。

つるつるっとしたのどごし。

讃岐うどんやきしめんに比べると、コシが弱く感じ、

そうめんより若干食べ応えがある感じ。

何かと比べるから、あーだこーだ言いがちですが、

稲庭うどんは稲庭うどん。

讃岐うどんでもなく、きしめんでもなく、稲庭うどん。

とても美味しく頂きましたにっこり

う~ん、↑これ、人生の標語みたいになっちゃった。

我ながら、いい言葉♪

メモしときましょう…φ(..)メモメモ

ごちそうさまでしたキラン



2019年5月1日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 13:41Comments(2)いろは旅行記秋田県

2019年05月13日

火を噴くゴジラ噴かないゴジラ【いろは旅行記 巻参-⑳】



男鹿半島の左上あたりで、ボーダー灯台を見た後は、

ひたすら海岸線を南下して行き、

男鹿半島の左下あたりにありますコチラ↓

ゴジラ岩




火を噴くゴジラ岩

沈む夕日をバックに、

まるでゴジラが火を噴いてるかのような・・・

素敵ですしあわせ

あっ、私が見たのは、

火を噴いてないゴジラでしたけど↓




ゴジラ・・・?かなぁ・・・?

なんでしょう?別の何かにも見えるような・・・?

おじゅっさんがお経読んでる横顔にも・・・

(※おじゅっさん=ご住職さん※)

今回の7泊8日の旅行で、唯一小雨がパラついた日でした。

この日以外は、ほぼ快晴に近い晴れ太陽

ゴジラ岩、晴れた日の夕暮れがベストショットですグッド

(※一番上の写真は、借り物をアプリで編集しました※)



2019年5月1日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 13:35Comments(0)いろは旅行記秋田県

2019年05月12日

灯台もオシャレに大変身【いろは旅行記 巻参-⑲】



秋田県男鹿半島の左肩にあります、入道埼灯台

遠目から見て、なにあれ?的にびっくり!びっくり




ボーダー

馴染みのある言葉で言うと、

しましま

灯台がボーダー?

初めて見ました目

ボーダーの灯台。




灯台の中に入って、上に登ることも出来るそうなのですが、

着いた時には時間外でした。

残念汗

↓ここの場所は、ちょうど北緯40度に位置します。




(↑下)このモニュメントを結ぶ線上が、北緯40度です。



2019年5月1日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


2019年05月12日

なまはげポスト【いろは旅行記 巻参-⑱】



なまはげポストです。




薄茶色になまはげ模様。

秋田県男鹿半島、なまはげ館前にあります。

今回の旅行にあたり、

佐渡島のトキポストはチェックしていましたが、

なまはげポストはノーマークでした。

見つけた瞬間、夫とほぼ同時に

「あっ!びっくり

この一言だけで、お互い通じました(笑)

テンション上がりました~キラン



2019年5月1日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼









  


2019年05月11日

2nd quest@なまはげin男鹿半島【いろは旅行記 巻参-⑰】



鳥海山から秋田市内の神社を廻り、

やって来ました、男鹿半島~!笑える

なまはげの本拠地。




なまはげ=秋田県、だとばかり思っていたけど、

秋田県の中でも、男鹿半島の風習なんだそうです。

大好きな小説家、西村京太郎さんの小説でも、

男鹿半島が舞台になったこともあり、

秋田県に行くことがあるなら、ぜひ男鹿半島にも行きたい!

男鹿半島に行くための秋田県入りといっても過言ではなく、

念願叶いましたしあわせ

たらい舟に続く、2nd quest@男鹿半島 です。

なまはげ館




真ん丸のオブジェは、

説明を読んでもちょっとよく分かりませんでした。

電灯にもなまはげ。

↓なまはげ館の館内です。

なまはげの説明、いろんななまはげの展示・・・

男鹿半島内に、約80の集落があり、

集落ごとに、なまはげの形も違うんだそう。

(↓上)このホールには、たぶん100体近いなまはげ。

そして、ホール全体に鳴り響く

ウォォォォォー

おどろおどろしい低音の唸り声。

夫が一緒に居たから良かったものの、

ここに一人で居るのは、

いくら照明が明るくても、ちょっと怖いです水滴




なまはげの実演も見てきました。

あらかじめの説明で、

現地での言葉(秋田弁?)を使います。
わからない所は、ニュアンスで理解してくださいね。

とのことでしたが・・・

確かにニュアンスでしか理解出来ません(笑)

でも、とても面白い実演でした。

↓なまはげ館の真ん前でアイスを売ってました。





(※撮影の許可頂いてます※)

見つけた瞬間、夫が「ババヘラアイスだ!」と

まるで子どものように駆け寄って行きました。

どうしても買いたかったそうです。

私は知らなかったんですけど、ババヘラアイス、

秋田のご当地ものとして有名なんですね。

売り子(主におばあさん=ババ)さんが、

金属のヘラを使ってアイスを盛ってくれるので、

ババヘラアイスと言うのだとか?

ビーチパラソルとほっかむりがトレードマークだそう。

↓ヘラで盛られたアイスは、

2色使われて、バラのようにも見えます。




味は、昔ながらのアイスクリンのような感じでした。

寒かったけど、美味しかったです音符


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


ふたば おまけ ふたば

なまはげ館の隣の、男鹿真山神社にて。

自分を突き刺すおマヌケなまはげに出会いました。




このなまはげなら、怖くないやしっしっし



2019年5月1日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 13:54Comments(2)いろは旅行記秋田県

2019年05月11日

旅行の朝はバイキング(3泊目)【いろは旅行記 巻参-⑯】



3泊目の朝、ようやくホテルで朝食を頂けました。

バイキング方式にて。




・・・私一人分です。

取り過ぎました汗

どれも美味しそうで・・・

た、食べましたよ、ちゃんと。

夫に半分くらい食べてもらいつつ、完食しましたピース

↓ホテルから見た風景・・・の、端っこ奥に

鳥海山




そう、この朝食の後、あそこまで戻るのです。

「行く」のではなく、「戻る」

だって、昨夜、あそこの脇を通り過ぎて、

秋田県のこのホテルに来たもの・・・

「明日の朝にまた来なきゃね・・・」って言いながら。

鳥海山の麓には、出羽国一宮があるもの。

そこを取りこぼす訳にはいかないもの。

そしてまた秋田県に戻ってくるもの。

この日の目的は、なまはげだもの。

ごちそうさまでしたキラン



2019年5月1日(令和元年初日)



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 08:45Comments(0)いろは旅行記秋田県

2019年05月10日

日本海海の幸【いろは旅行記 巻参-⑮】



3泊目の宿が取れたのは、秋田県由利本荘市。

まだ山形県の一宮、鳥海山を残し、秋田入り。

(翌朝、朝一、山形県鳥海山まで逆戻りしました)

3泊目の夜、平成最後の夜夜です。

うまい一丸鮨 さんで、お寿司を頂きました。

回転寿司のお店です。

↓まぐろ三昧 560円
(赤身・中トロ・大トロ)




↓卵焼きから時計回りに、

厚焼玉子 140円・こはだ 140円・イカ三昧 220円
イカワタにぎり 180円・かっぱ巻き 110円・ギバサ軍艦 140円




秋田郷土食「ギバサ」とは、アカモクという海藻です。

ネバネバ感が半端ないです。

味は・・・無味無臭。

海藻臭さもないかわりに、味もあまりしません。

醤油を少しだけ垂らして頂くと、美味しいです。

(↓上)えびっこ 110円・酒蒸し穴子1本漬け 360円




(↑下)タコボー 110円

おしぼりは、なし

愛知県より、お安めの価格設定のような気がします。

とても美味しく頂きました音符

ごちそうさまでしたキラン



2019年4月30日



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 13:09Comments(2)いろは旅行記秋田県