2019年05月05日

無事かえる【いろは旅行記 巻参-号外】



|ω・*)タダイマ

今回、10連休を利用して、

急遽思い付いた新潟~東北方面の旅行から

帰って来ました。




↑無事かえる

本日参拝しました上野国一宮 貫前神社にて、

夫にプレゼントしました。

毎日無事に帰ってきますようにしあわせ

佐渡島以外は、何も決まってない旅。

いつ戻るかさえ分からない旅。

結果、7泊8日の旅になりました。

(↓上)行きに、ひるがの高原SA辺りで撮ったメーター。




(↑下)帰宅時のメーター。

約2500km強の移動距離。

その全てを夫が運転してくれました。

感謝しかありません。

新潟~山形~秋田~岩手~山形~福島~栃木~群馬

の旅になりました。

行きも帰りも途中も、

高速道路も一般道もほとんど混んでなく、

スムーズに移動出来て、良かったです。

今回は、いつもの御朱印もそうですが、

他にもいろいろと廻ってきました。

歴史と文化と美味しいものに触れ合えた旅でした。

とても楽しかったですにこにこ



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼



今日のお花です。

さすがに桜は咲いていませんでした(群馬県)。

↓たぶん同じ花の色違いだと思うんですけど、

何かなぁ?

キレイなオレンジ色が印象的でした。

達磨寺にて。




帰りの佐久平PAにて、おやつ購入。




クリームは甘さ控えめでひんやり。

美味しかったですにっこり



2019年5月5日

群馬県高崎市~富岡市~愛知県




✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻参 に関しましては、

↓タグ「2019GW旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼





  


Posted by いろは at 23:38Comments(2)いろは旅行記長野県群馬県

2019年04月25日

「天下第一の桜」【2019南信州小旅行 巻弐-⑧】



急遽決まった南信州小旅行。

「行きたいとこあるから、旅行行こ」

と誘われ、やって来た南信州。

行きたい所・・・

ドコ? (・.・乁))((厂・.・) ドコ?

・・・

・・・

・・・

↓ココ




満開の桜桜

圧巻の桜桜

壮観な桜桜

高遠城址公園。

前日(14日)の曇天とはうって変わり、快晴。

前日まで五分咲きだったのが、この日満開に。

何もかもが揃ったお花見になりましたにっこり






どこを見ても、さくら、サクラ、桜。

桜の道。

見上げる桜桜

見下ろす桜桜

どこもが絶景。

素晴らしかったです。

↑ここまでが、夫の写真。

↓ここからが、私の写真。






なんで?

なんで白いの?

桜ってピンクじゃないの?



ソメイヨシノではなく、

タカトオコヒガンザクラ

ピンク色の色味の強い桜です。

(ナゼワタシノシャシン,シロイノ?)

園内に約1500本、植えられています。

「天下第一の桜」と称されています。

屋台で頂きました鹿まん↓




鹿肉100%かと思いきや、豚肉と混ぜてるそう。

鹿肉:豚肉の割合は・・・?(笑)

美味しかったですにっこり

一生に一度は観た方がいい、とまで言われてる、

高遠城址公園の桜。

今回、たまたま急遽決まった旅行で、

満開のタイミングで観ることが出来て、感無量です。

連れて来てくれた夫に感謝です。

ありがとうキラン



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼









  


Posted by いろは at 12:07Comments(0)いろは旅行記長野県

2019年04月24日

野生との遭遇【いろは旅行記 巻弐-⑦】



梅庵さんからの帰り道・・・

梅庵さん店内からの風景でもちらっと載せましたが、

↓こんな風景が楽しめる場所なんです。




絶景ビューポイントといいますか・・・

端的に言うと、山の中。

細い山道を走っていると、

道の真ん中に、何やら集団が・・・

こちらに気付いて、さーっと散りましたが、

・・・

・・・

・・・

嘘でしょ!?

目を疑いました。

コレは、動物園の柵の向こうにいるものでしょ?

・・・

・・・

・・・






さる。

サル。

・・・

・・・

・・・

猿!?

野生の猿。

たぶん(↑左)この子、ボス。

悠々と歩いてました。

生まれて初めて見ました。

本当に群れでいました。

野生の猿。

20匹弱くらいいたかな?

そんな場所に梅庵さんはあります。



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼








  


Posted by いろは at 12:07Comments(0)いろは旅行記長野県

2019年04月19日

信州そば発祥の地にて【いろは旅行記 巻弐-⑥】



伊那は信州そば発祥の地と言われており、

「行者そば」が今に伝えられています。

梅庵 さんで、行者そばを頂きました。




お茶はそば茶、おしぼりはなし(ウェットティッシュ有)




そばと共に有名な、鴨のくわ焼き 1080円

鴨肉と季節野菜の和風鉄板焼きです。

鴨肉が柔らかくてジューシー笑える

すごく美味しいですハート

そばの前に頂きましたが、お酒日本酒が欲しくなる(笑)

我慢しましたけど・・・

(↓上)行者そば 並 1000円

太打十割。

大根の絞り汁を入れたつゆに、焼き味噌を溶きます。




(↑下)田舎そば 並 1000円

太打十割。

かつおばしのそばつゆです。

焼き味噌とは、(↓上)の黒い物体。

少しだけに見えますが、これをそばつゆに溶くと、

味噌の風味がふわっと広がります。




↓メニューです。




↓おそばの食べ方。

塩のみで頂く方法も書いてくれてます。

塩とわさびのみで頂いたおそばが美味しかった~ハート




↓お店の外観と、素敵な店内。

そして、店内からの風景です。






ごちそうさまでしたキラン



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

この後、人生初!?

アレと出会ってしまいました・・・

次回ご紹介しますねハートウィンク


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼











  


Posted by いろは at 12:11Comments(2)いろは旅行記長野県

2019年04月19日

それぞれからの諏訪湖【いろは旅行記 巻弐-⑤】



立石公園 からの諏訪湖です。





奥に北アルプス(かな?)の山々が

そびえ立っていました。


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


↓そしてこちらは、杖突峠 からの眺望です。

14日(行き・曇天)と15日(帰り・快晴)、

どちらも寄ってみまして、

同じ場所から同じ風景の違いです。

(↓上)14日の杖突峠からの諏訪湖
(↓下)15日の杖突峠からの諏訪湖




(↓上)14日の杖突峠からの諏訪市・茅野市辺り
(↓下)15日の杖突峠からの諏訪市・茅野市辺り




↓この展望台より。





↑2049年になってる!ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

予告?予言?未来からの・・・

ちょっと面白いので、このままで・・・。

(直すのメンドクサイ)


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼







  


Posted by いろは at 07:44Comments(0)いろは旅行記長野県

2019年04月18日

旅行の朝はThe和食【いろは旅行記 巻弐-④】



ホテルの朝は、大広間での朝食。

部屋番号が書かれた席に案内され、

お味噌汁、ごはんなどをセッティングしてくれました。

The 和食




この他、洋食系のおかずやフルーツなどが、

バイキング形式で用意されてました。




おしぼりは、布おしぼり(袋入り)

お味噌汁は、一人用鉄鍋で温めます。

信州味噌としじみのお味噌汁。

しじみの出汁がしっかり効いていて、

呑み過ぎた朝にはもってこいのお味噌汁。




和食の朝食は、おかずが細々と多種類!

ごはんがススム君。

どれも美味しく頂きました。

ごちそうさまでしたキラン



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼








  


Posted by いろは at 12:55Comments(0)いろは旅行記長野県

2019年04月17日

諏訪の隠れ家【いろは旅行記 巻弐-③】



飛やじ さんで、美味しいおばんざいを頂きました。

急遽決まった小旅行のため、

宿を取り、大まかなコースを決めるだけでの見切り発車車急ぐ

夕飯までは決めておらず、ホテルに着いてからの検索。

本当は二人で呑みたかったので、

歩いて行けるところがベストだったのですが、

とても美味しそうなお店を発見目

早速予約の電話をしてみると、日曜夜なのに満席。

20時からの席をお願いして、行ってきました。

着いたところは、小さな商店街の一角。

ひっそりと佇む・・・というか、車道から見えるのは、

これだけ↓




見過ごすところでした。

細い路地を入った先に、広がる空間。

本当に隠れ家。

おばんざい、と言うだけあり、京都ちっくな店構え。




お酒に力を入れてるな~、と思われるメニュー。

メニュー本のほとんどがお酒の一覧。

食べ物は、メニュー本に定番ものがある他、

黒板に本日のオススメがずらりと書かれています。

おしぼりは、布おしぼり(袋なし)


まずは、熱燗と烏龍茶でかんぱ~~~い日本酒

(↓左上)から時計回りに、

お通しの、肉じゃがの里芋バージョン
レンコンとセロリのきんぴら
飛やじ風 山賊焼
冷酒 伊那の斬九郎(純米辛口)
花ワサビのたまり漬け




お酒がすすむすすむ。

このペースで呑むと、

熱燗5合呑んで亡記憶コース(過去に経験あり)だと思い、

相当ゆっくりペースで呑みました。

(↓上)から順に、

色どり野菜の白あえ
マグロとアボカドの湯葉巻き
馬刺




昼も食べたのに、夜も馬刺し。

そして、上二品が、格別に美味しかった~ハート

白和えの豆腐は、ごま豆腐なのかな?

ねっとりしてるけど、舌触りが滑らか。

ごま豆腐を固める前のような、

一旦固まったごま豆腐を攪拌機にかけたような・・・

そんな食感で、すごく美味しかったですにっこり

マグロとアボカドの湯葉巻きは、

ネギトロとアボカドと格子切りのとろろ芋が

湯葉で巻かれています。

ネギトロとアボカドのねっとり食感に、

とろろ芋のシャキッと感が加わった逸品です目がハート

最後はあらごしみかん酒で甘く〆て、

ごちそうさまでしたキラン



✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

いろは旅行記 巻弐 に関しましては、

↓タグ「2019南信州小旅行」をご覧くださいませにっこり


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼









  


Posted by いろは at 20:01Comments(0)いろは旅行記長野県