2019年01月12日

【いろは旅行記 巻壱-おまけ】



今回の旅行の、我が家へのお土産。



娘たちへのお土産・・・という名目ですが、

よくよく見ると、娘たちが喜びそうなものは、

ほぼない笑顔汗

そして、お土産たちの大部分が食べ物なのが、

なんというか・・・

食と神社巡りに特化した私たちの旅の象徴のようで、

納得するような、笑えるような・・・

これにまだ、福岡の明太子が冷蔵便で大量に届きました。

実家へ、お友達へ、会社へのお土産はまた別・・・

買い過ぎた。

旅のハイテンションモード上矢印で、

普段なら買わないようなものまで。

写し忘れてるけど、大量の豆菓子や、

レモン系ドレッシングやレモスコ等調味料も。

(休憩で寄っただけの宮島SAで)

家でそんなに料理しないのに(笑)

旅に行くたび、調味料買ってる。

調味料だから、また微妙に賞味期限が長いの。

(だから捨てるに捨てられない(笑))

料理作る気になってた自分に言いたい。

「以前の旅行土産たちもまだがっつり残ってるでしょ?」




楽しかったから、ま、いっかにっこり






  


Posted by いろは at 09:53Comments(0)♡♡♡いろは旅行記

2019年01月10日

食べ過ぎ旅行の〆カレー【いろは旅行記 巻壱-⑳】



お隣の広島県でレモンラーメンと牡蠣を頂いたので、

もちろん食事などする予定もなく、

ただ休憩のためだけに寄った吉備SA。




こんな素敵なイルミネーションキラン

岡山県は桃太郎ゆかりの地だものね。



桃の中に入って、写真も撮れます。

小さなお子さんを撮るために並んでる列に

しれ~っと並び、順番が来て、

満面の笑みとダブルピースピースで写真を撮りました。

「お撮りしましょうか?」と声を掛けて下さり、

夫と二人で、ダブルのダブルピースピース

写真を見返すと、はしゃぎっぷりに時代を感じさせられました。

もちろん、これだけで終わるはずでした。

・・・

・・・

・・・

なんですが、見つけてしまいました、

こんな魅力的な文字。

「激辛 赤いカツカレー」

ゲキカラ アカイカツカレー ゲキカラ? アカイノ? ナニソレ オイシイノ?

お腹の具合は、ぽんぽこりんってほどではないですが、

カレーを食べるつもりはさらさらありません。

でした。

激辛 赤いカツカレーとマスカットソフト




やっぱりここは食べておかないと、

ブーログ激辛部員の名が廃るしっしっし

かなり赤みが強く出た写真になりましたが、

実物も似たようなものです。

赤かったです。

激辛・・・ではありませんでした笑顔汗

CoCo壱で言うところの・・・3~4辛?くらいかしら?

マスカットソフトは、乳製品というより、

シャーベットに近い食感でしたが、

すごく美味しかったです音符

ごちそうさまでしたキラン






  


Posted by いろは at 16:37Comments(0)♡♡♡いろは旅行記岡山県

2019年01月10日

初チャレンジ!レモンラーメン【いろは旅行記 巻壱-⑲】



16時も近くなって、山口県を後にし、一路愛知県へ。

途中、広島県の宮島SAで、美味しそうなものを発見目

広島レモンラーメン 700円




瀬戸内レモンを使ったラーメンなのかしら?

瀬戸内レモンとは・・・

瀬戸内でとれた広島産レモンのこと、だそうです。

同じ瀬戸内でも、岡山や香川や愛媛ではだめなのね(笑)

最近、愛知でもレモンラーメンを見かけてはいたんですが、

なかなか食べる勇気がなく・・・

旅先での方が、食に冒険出来ますね。

珍しい食べ慣れないものを食べましょう!的な笑える

もっと酸っぱいのかと思いきや、

酸味はほぼなく、とてもあっさりとした醤油ラーメン。

しばらく時間が経つと、えぐみが出るそうで、

レモンをどけて下さい、と、小皿も用意されてます。

もう一つ、広島といえば、なんといっても牡蠣。

焼き牡蠣と、牡蠣のみそ串。




牡蠣は好き嫌いがはっきり分かれる食材ですね。

私は大好きですハート

一番好きな食べ方は、生牡蠣。レモンを搾って目がハート

いくらでも食べられそうな・・・

焼き牡蠣の食べ放題とかありますけど、

あれは途中で飽きるから味変が必要って聞いたことあるんですけど、

どうなんでしょう?

生牡蠣の食べ放題、どこかにないかしら?

飽きるほど食べてみたいハート

あ、話が逸れましたが、こちらの焼き牡蠣も

身がぷりぷりで美味しかったです

ごちそうさまでしたキラン







  


Posted by いろは at 11:53Comments(2)♡♡♡広島県いろは旅行記

2019年01月09日

防府の新名物【いろは旅行記 巻壱-⑱】



防府天満宮の参道にて、ほうふ玉子かけごはんを頂きました。

ほうふ玉子かけごはん・・・

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公だった
吉田松陰の妹。
夫の楫取素彦とともに好物だったらしい玉子かけごはん。
防府天満宮周辺の12店舗の飲食店が、
それぞれの特色を生かした
オリジナル玉子かけごはんを考案し、提供している。


そうです。

天とて屋かふぇ さんの玉子かけごはん 500円




たくさんの薬味や漬物系の具材に、

白ごはんと紫蘇混ぜごはん。

とにかくかき混ぜて頂きました。

いろんな味わいがあって、美味しかったです。

食後に、天ぜん 600円(↓左上)




ぜんざいに、天神もちが入ってます。

このお餅がかなり大きめで、ボリューミー。

ぜんざいは甘さ控えめで、あっさりでした。

おしぼりは、紙おしぼり(平型)

外観は、防府天満宮の参道らしく、和カフェ風コーヒー

素敵なお店でした。

ごちそうさまでしたキラン








  


Posted by いろは at 19:41Comments(0)♡♡♡山口県いろは旅行記

2019年01月09日

旅行の朝はバイキング(4泊目)【いろは旅行記 巻壱-⑰】



四泊目、2019年元旦の朝は、山口市のホテルで朝食バイキング。

お正月らしく、

伊達巻、黒豆、昆布巻も用意してくれてました。



(↑上)が夫、(↑下)が私です。

伊達巻が美味しくて、おかわりしちゃいました。

ブロッコリーの白和えや、

鶏肉のレモン焼きも柔らかくて美味しくて、

家でのレシピの参考になりました。

ごちそうさまでしたキラン








  


Posted by いろは at 12:35Comments(0)♡♡♡山口県いろは旅行記

2019年01月09日

晋作大好き晋作餅&東行庵【いろは旅行記 巻壱-⑯】



下関市のどこかのお土産センターにて購入。

晋作餅




もちろん、山口県の英雄の一人、

高杉晋作さんに因んだ命名だと思います。

どういう由来で、このおまんじゅうに「晋作餅」という

名前がつけられることになったんでしょう?

夫は、歴史上の偉人で好きな人物は?と問われると、

必ず「高杉晋作」と答えます。

彼に何やらロマンを感じるようです。

日本史全般的に詳しいですが、

幕末の長州の歩みや薩摩の動き、

新撰組や水戸藩の行動、そして幕府の決断、等々

感心を通り越すほど詳しいです。

「試験が日本史だけだったら、京大行けた(笑)」

と、時々ネタのように言いますが、

あながち嘘でもないのかも知れません。

いつも「はいはい」って流してますが(笑)

左のお餅に紫蘇を巻いたものが右です。

こしあんの入ったお餅で、

お餅だけでも美味しいのですが、

紫蘇で巻いてる方が、絶妙なバランスで美味しい!目がハート

桜餅みたいな風味です。

大晦日の酒盛りのおつまみに頂きました。

もっと買えば良かった・・・

ごちそうさまでしたキラン


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


この日(2018年大晦日)、

高杉晋作さんのお墓がある東行庵にも訪れました。




瓦そばの後向かったので、すっかり夕暮れでしたし、

大晦日なので、何もかもが(記念館も売店も)閉まってましたが・・・汗

そういえば、以前、萩に旅行に行った際、

高杉晋作生家を訪れた際も、年末年始でお休みでした。

萩のあの通りにあるお寺のご住職さんの・・・

萩自慢が忘れられません(笑)

1時間ほど萩自慢を聞いていました。

今でも思い出しては、夫との話題に上るご住職さんです。



夫が今回の旅行で、どうしても行きたかった所です。

訪れることが出来て、良かったです。

また山口の方には旅することがあるでしょうから、

今度は開館中に行きましょう。








  


Posted by いろは at 08:48Comments(2)♡♡♡山口県いろは旅行記

2019年01月08日

本場で元祖 下関で2018年〆食事【いろは旅行記 巻壱-⑮】



下関といえば・・・瓦そば。

先日岡崎で食べたばっかりですが、

ここは本場下関の、

瓦そばの元祖と呼ばれるたかせさんへ。

瓦そば 2人前 2200円




岡崎では、お好み焼きとのシェアでしたが、

ここでは、うなめしなるものとシェアです。




うなめし 2200円(↑下)

うなめし・・・いわゆる名古屋のひつまぶしです。

食べ方も同じ。

1杯目、そのままで
2 杯目、薬味を入れて
3杯目、出汁をかけて

名古屋のうなぎはカリッと焼き上げてるイメージですが、

ここはふっくらしてました。

蒸して焼いてる?焼いて蒸してる?なのかしら?

私は大好きな食感でした。味も美味しいハート

瓦そばは、言わずもがな。

熱々の瓦でパリパリに焼けた部分と、

具の錦糸卵、牛肉、ねぎのコラボで、

味変のもみじおろしとレモン。

とっても美味しかったですハート




おしぼりは、紙おしぼり(平型)




目的の神社からは少し離れた場所にあるお店だったので、

直前まで、ここまで足を伸ばすかどうか迷ったのですが、

来て良かったですしあわせ

ここに来たがってたのも私ですが、

直前に時間的に厳しいから行くのやめよう、と

渋ったのも私でした汗

そんな私に、「大丈夫だから行こうにこにこ」と、

背中を押してくれた夫に感謝です。

神社を廻った後だったので、

午後3時くらいのお伺いとなり、

結果これが2018年最後の食事になりました。

(ホテルでの酒盛りは別です(笑))

とてもいい思い出になり、

2018年の締めくくりにふさわしい食事でした。

ごちそうさまでしたキラン










  


Posted by いろは at 20:33Comments(0)♡♡♡山口県いろは旅行記